一燈国際特許事務所 ITTO INTERNATIONAL PATENT OFFICE 所長弁理士 橘和之
お問い合わせフォームはこちら
サービスメニューセミナー情報DVD・書籍紹介事務所案内採用情報コラムリンク

事務所案内
→ 特許
→ 実用新案
→ 商標
→ 意匠
→ その他

トップ > FAQ

FAQ

特許
Q:新しい○○装置を開発したのですが、特許の取り方が分かりません。教えて下さい。
A: 開発した○○装置の中から特許を取りたい発明を抽出し、その発明の内容を文章や図面で説明して特許庁に出願します。特許は特許庁の審査を経て一定の条件を満たすものだけが登録されますが、出願から登録までの間に特許庁に対して行わなければならない手続がいくつかあります。典型的には、?出願、?審査請求、?拒絶理由通知に対する応答、?特許料の納付です(詳しくはコチラをご参照ください)。
これらの手続を全て自分で行うこともできますし、専門家である弁理士に依頼して行うこともできます。ただ、経験の少ない方にとってこれらの手続を適切に行うことはかなりハードルが高いと思われますので、弁理士に相談することをお勧めします。

実用新案
Q:特許 と実用新案の違いがよく分かりません。どちらを選べば良いでしょうか。
A: どちらも「技術的なアイデア」を保護対象とする点では同じです。ただし、細かく見ると、実用新案の場合は、製法などの方法に関するアイデアは保護対象としていない点で、特許と異なります。登録の難易度も違います。その他、登録の際に特許庁の審査を受けるか否か、登録後の権利行使に制限を受けるか否か、権利の存続期間なども、実用新案は特許と異なります(詳しくはコチラをご参照ください)。
「方法」ではなく「物」に関する技術的なアイデアであれば、特許でも実用新案でも出願が可能です。どちらを選ぶのが良いかは、アイデアの内容、予算、登録して守りたい技術や事業との関連などによって変わります。一概にどちらが良いと言い切れるものではありませんので、具体的なケースでは弁理士に相談すると良いでしょう。

商標
Q:商標出願は初めてです。どうしたら良いですか。
A: 出願の際に特定しなければならないことが2つあります。1つ目は、登録したい商標を決定することです。2つ目は、その商標を使用する予定の商品またはサービスを特定することです。商標は名称やマークについて登録を受けられますが、出願時には商品またはサービスを指定する必要があります。指定した商品・サービスの範囲内に限って権利が発生することになります。
商標は特許庁の審査を経て一定の条件を満たすものだけが登録されますが、出願から登録までの間に特許庁に対して行わなければならない手続がいくつかあります。典型的には、?出願、?拒絶理由通知に対する応答、?登録料の納付です(詳しくはコチラをご参照ください)。なお、商標出願をする前に、先行登録商標があるかどうかの調査を行うことをお勧めします。これを行うことにより、拒絶理由が通知されるリスクを低く抑えることができるからです。
商標調査を含めて???の手続を全て自分で行うこともできますし、専門家である弁理士に依頼して行うこともできます。ただ、経験の少ない方にとってこれらの手続を適切に行うことはかなりハードルが高いと思われますので、弁理士に相談することをお勧めします。

意匠
Q:ロゴマークのデザインは、意匠で登録ができますか。
A: 確かに意匠はデザインを保護するものですが、保護対象は「物品のデザイン」に限定されます。従って、使用する物品を特定していないロゴマークは意匠登録することができません。その代わり、そのロゴマークを商品やサービスの識別標識として使用するのであれば、商標としての登録を受けることが可能です。

その他
Q:今度開発した製品を何とかして他社の模倣からプロテクトしたいのですが、どんな方法がありますか。
A: 法的に登録してプロテクトするのであれば、特許、実用新案、意匠、商標の何れかの可能性があります。特許と実用新案は、新規な技術的アイデアを保護してくれます。意匠は、新規なデザインを保護してくれます。商標は、製品名や識別マークなどを保護してくれます。具体的に何を登録できるかはケースバイケースですので、詳しくはご相談ください。

Copyright (C) 2006-2007 ITTO INTERNATIONAL PATENT OFFICE All Rights Reserved.