経営理念

喜びと生きがいの感じられる仕事を通じて個人の成長を図り、
全従業員の物心両面の幸せを実現する。
それによって発達する自己を通じて、お客様が自らの事業において知的財産権を正しく活用することを支援し、もっと広く産業の発達・人類社会の発展に貢献する。

ビジョン

知財のホームドクターとして、お客様から全面的に頼られる存在 になる 。
そして、その期待を更に超えるサービスを提供することで、お客様に喜びと感動を与え、お客様と共に更に成長する。

ミッション

  1. 1.  一流のプロフェッショナルとして中小・ベンチャー企業のお客様と深く関わり、付加価値を極めた一燈独自のサービスを提供することにより、企業の飛躍に繋がる知財の価値をお客様と共に創造する。
  2. 2. 中小・ベンチャー企業に潜在している優れた知的財産を引き出し、磨きをかけて付加価値を高めていく支援を通じて、お客様の 「自化自尊」 に貢献する。

    ※「自化自尊」は、企業が独自性のある自らの真の価値・強みを自覚して誇りを持ち、その価値・強みを活かしていく自律的姿勢を通じて、自分自身で変化し発展することを意味する造語です。

そのために、国内外の知財に関する豊富な知識と高度なノウハウ、優れた技術理解力、グローバルセンス等を身につけるための「研鑽を日々積む」ことはもちろん、一人一人の「人間性を磨く、心を高める」ことを重要事項として取り組む。そして、世のため人のため「至誠」を貫く。

基本方針

▼ 顧客第一主義

お客様に満足していただくこと、お客様の利益を第一に考える。お客様に満足していただければ、我々も喜び、成長できるという発想。我々が成長できれば、もっといい仕事ができるようになり、お客様にも益々喜んでもらうことができる。全ては、「お客様に喜んでいただきたい」という動機から始まる。我々が考える顧客第一主義とは、お客様の言う通りに全て行うという意味ではなく、お客様にとって本当に良いと思われることを第一に実践するという意味である。

▼ 完璧主義

いいかげんな妥協を許さず、自分に納得がいくまでとことん本物を追求する。お客様に提供するサービスについては完璧を期し、100%を達成しなければ達成ではないという発想。ベストな仕事を成し遂げるためには、日々の良い仕事の積み重ねが大事であるとの考えのもと、誰にも負けない努力を重ね、至誠の情で事に当たることをモットーとする。我々が考える完璧主義とは、その一瞬一瞬に最善の力を出し切るという真剣勝負の心構えのことである。

▼ 品質第一主義

高品質のサービス提供を第一に考える。常にお客様に満足していただける品質、納期、コストを守ってサービスを提供するという発想。そのために我々は、良いものを創るという飽くなき向上心を大切にし、自己研鑽、弁理士による徹底した教育を通じて個々の成長を図る。我々が考える品質第一主義とは、お客様から求められていることができるという最低ラインの品質を満たすだけでなく、それを超える+αの付加価値を提供しようとする創造的な姿勢のことである。


pagetop